ヘアケアのおさらいしたらどう?

ヘアスタイルやヘアケアについてもう一度復習しましょうといったなら

美肌花子

こんにちは 美肌花子です。

 

あなたは自分のヘアースタイルに満足していますか?

 

そういわれて中々”ハイ”っていえませんよね〜

 

 

スポンサーリンク

 

 

年々年を追うごとに髪質も変わってきたり、ヘアースタイルの
好みも変わってくることでしょう。

 

ちなみにワタクシ美肌花子は、ちょっぴり大人アトピーなので
髪の毛が首筋や顔にあたると炎症を起こしてしまうのです。

 

なので、髪はいつもお団子にしたりと、髪が皮膚に
かからないようにとっても気を使います。

 

まあまあ・・・・困った髪質なのです・・・ハイ

 

そんな花子さんはさておいて、今日はヘアスタイルやヘアケアの復習と
いう事でみてみましょう。

 

ヘアとヘアケアの復習日記

 

 

1 頭を小さく見せましょう

 

ヘアスタイル全体に共通することですが・・・・・「とにかく頭を
小さくみせましょう」ということです。

 

もともと日本人は黒髪で太いしっかりした髪質の人が多いのです。
それを小さく見せる為には以下の3点がポイントです。

 

・ヘアーのトップスから後頭部にかけてボリューム感をもたせる
カット

 

・ロングヘアーの場合も後頭部に丸みを持たせるカットをして
髪の裾にはシャギーをいれておく

 

・前髪を増やそうとして分量をふやさないこと(大きな顔を
目立たせます)

 

 

 

2 顔の形で似合う髪形が決まる?!

 

基本形は「卵型」であることです。

 

丸顔さん  トップをボリューミーにしてサイドはふくらみを
おさえるとキレイな卵型に。

 

 

細長顔さん サイドをふんわりさせたショートヘアーがオススメ
顔が目立たずステキな印象に

 

アゴやえらが張っている人 アゴより長いロングヘアーにするか、
思い切ってエラやアゴより短いベリーショートにするか・・・

 

 

3 実は枝毛は毛先だけの問題ではなかった

 

枝毛があるとついつい裂きたくなってしまう人っていませんか?

 

実はワタクシ美肌花子も学生の時そうでした。

 

実は、枝毛が出来ているときって、髪の細胞全体がボロボロ
な状態なんです。

 

 

スポンサーリンク

 

毛先だけ切っておけばいいという話ではないようです・・・・残念ながら

 

思い切って短くカットしてしまうのがよいといえます・・・・

 

カットした後は、ヘアケアをしてあげましょう。

 

頭皮をマッサージ
して血流をよくしてあげるのも忘れずに・・・・

 

 

4 以外に知らない・・シャンプー前のブラッシング

 

シャンプー前にブラッシングしていますか?

 

シャンプー前のブラッシングは、汚れを落としてくれます。

 

その為、シャンプーの量を減らしたり、すすぎの時間の
短縮にもなるのです。

 

また、髪のもつれをキレイにするので摩擦から髪を
守ってくれます。

 

5 ブラッシングは毛先から根元へ・・・が基本です

 

よく、髪の毛をブラッシングするとき上から下へブラシを
入れる人がいますが、

 

これは髪を傷めてしまうことになるので注意が必要です。

 

毛先からブラッシングは行いましょう。毛先の部分をとかし
からみをほぐしてあげます。

 

その後、真ん中から下に向かってブラッシングして、最後に
もう一度毛先をブラッシングしましょう。

 

特に冬場のブラッシングは、ブラッシング剤を全体に付けて
から行いましょう。

 

そうでないと静電気によって髪を傷めて
しまいます。

 

 

追伸

 

ヘアースタイルというか、頭皮もお顔のお肌で覆われた一枚の
皮膚ととらえてください。

 

皆さんお顔のスキンケアには一生懸命ですよね〜

 

ぜひ、お顔と同じくらい頭皮やヘアーも愛してあげてください。

 

・今日から頭皮を指の腹でマッサージしてあげてください。
・今日からシャンプー前にブラッシングしてあげてください。
・今日からシャンプーやトリートメントを丁寧にしてあげてください。

 

愛してあげればあげるほど、ヘアーも応えてくれることでしょう。

 

今日もよい1日でありますように

 

感謝

 

スポンサーリンク

 


関連ページ

ハリ、ツヤ、サラリをデザインする洗髪テクニックとは?
潤い艶あふれる洗髪方法をみてみましょう
お願いです!頭皮もお肌のように愛して下さい。頭皮ケア6ステップ
頭皮ケアを6ステップをご紹介
ヘアーが決まらないとおなげきのあなたへ
あなたの髪質別お悩み解消テクニックがここに